毎日のように撮る写真。その中でも食べ物の写真を撮っている人は多いのではないでしょうか。"Instafood"という言葉も登場するくらい、写真映えを意識するスイーツや料理も増えている今日この頃。

日常的に撮りやすく、撮影する機会も多いグルメ写真。食欲の秋は、ますます撮る機会が増えそうですよね。

今回は、そんな料理やスイーツなどの食べ物の写真を、スマホで素敵に撮影するアイデアをご紹介します。そしておいしく撮れた写真を飾ってインテリアにしてみました!


料理写真をきれいに撮るコツ

まずは、料理やグルメ写真を"きれいに撮る"コツをご紹介します。すぐに実践できる簡単なものばかりなので、ぜひ試してみてくださいね。

  • 光の向きを意識する

18_10_05_02.jpg

光は、被写体の真横から、もしくは斜め後ろから差し込む逆光の状態がおすすめ。光と影のバランスが良く、簡単にきれいに撮ることができます。特に斜めからの逆光は、料理のツヤをうまく捉えてくれる効果も。

写真を撮る前に、まずは光の差す方向をチェック。それに合わせて、お皿の向きや自分がスマホを構える位置を調整してみて。

  • 写り込むものに気をつける

18_10_05_03.jpg

お店で、料理やスイーツなどが運ばれてくると、「早く撮りたい!」という気持ちを抑えられず、そのままパシャリと撮ってしまうことも。でも、その前におしぼりやストローの袋など、写真に必要ないものはよけておきましょう。このワンアクションを行うだけで、後から写真を見たときの差は歴然。写真がすっきりして、洗練された印象に。

  • ズームの機能でより撮りやすく

18_10_05_04.jpg

左がスマホを被写体に近づけて撮ったもの、右はズームをして撮ったもの

多くのスマホのカメラには、広角レンズが使われています。広く撮れるという利点もありますが、撮りたい対象が歪んでしまうことも。そんなときはズーム機能を使うと◎。スマホを被写体に近づけるのではなく、スマホの位置はそのままでズーム。撮りたい対象がより正確に写ります。

また、「どんな写真が撮りたいのかわからない...」という人は、Instagramなどで自分が「好き!」と思う写真を見つけてみてはいかがでしょうか?いろいろな写真を見ていると、知らず知らずのうちに、この構図がお気に入りなど、あなたが撮りたいイメージがきっと見つかるはず。


飾るための料理写真を撮るポイント

続いては、思わず"飾りたくなる"ような料理写真を撮るポイントをご紹介します。

  • 俯瞰で撮る

18_10_05_05.jpg

photo by aipon79

平らなものや、高さがないもの、断面がきれいなものなどは俯瞰で撮るのがおすすめ。撮影する対象に合わせてスマホを傾けてみましょう。

このとき、自分の影が映り込んでしまいそうなら、ズーム機能を使うと◎。

  • 背景を意識する

18_10_05_06.jpg

photo by aipon79

これは、お店や出かけた時ならでは。そのときその場所でしか写せないものを背景に入れるのもおすすめです。かわいいお店の壁や景色など、背景を意識するだけでおしゃれな1枚に。

  • 画面いっぱいに撮る(見切れる)

18_10_05_07.jpg

photo by aipon79

続いては、画面いっぱいに撮りたいものを写してみました。見返してみると、「これ何!?」となってしまいそうな1枚。お皿が見切れていたり、画面いっぱいに写すとなんだかアートっぽさが出てくると思いませんか?

【番外編】食べかけや人の手が入るだけでおいしさアップ

18_10_05_08.jpg

photo by aipon79

最後は番外編。料理写真はいつも食べる前に撮りがち。でも、食べかけだったり人の手がちょっと写り込んでいたりすると、動きのある自然な1枚に。

いつもとちょっと雰囲気を変えたいときに、ぜひ試してみてくださいね。


スマホで撮ったグルメをパネルにして飾ろう!

18_10_05_09.jpg

Shacolla/ましかくサイズ(89mm×89mm)

グルメ写真をましかくプリントして、Shacolla(シャコラ)でフォトパネルにしてみました。今回は、さらにアレンジをプラス。木の板をお皿やプレートに連想させて、写真を飾ってみることに。

18_10_05_010.jpg

ホームセンターなどで買ってきた板に、シンプルで馴染みやすい、グレー、アイボリー、そしてちょっと秋の気分を加えた深みのあるボルドーに色を塗りました。

18_10_05_011.jpg

Shacollaの裏面に、マグネットシールを貼ったので、気分によって写真を変えることだってカンタンにできちゃいます。ときにはカラフルな料理にしたり、ちょっとシックな色味にして彩ったり。

18_10_05_012.jpg

壁に貼って飾るのはもちろん、そのまま立てかけて飾ってもOK。ましかくプリントにすることで、板の向きも縦・横と、お部屋のレイアウトに合わせて自由に飾れます。

18_10_05_013.jpg

スイーツに、料理に...おいしい秋を撮りたくて、うずうずしてきませんか?写真に夢中になりすぎて、おいしく味わうのもお忘れなく。

Photo & Writing by 渡辺 和

Shacolla(シャコラ)
Shacolla(シャコラ)は「ましかく」のタイプをチョイス。Instagramに投稿するために撮影した写真もそのまま飾ることができます。直接貼っても壁を傷めることのないので、安心して使用できるパネルです。
この記事をシェアする

New
最新の記事