おうち時間が増えているこの時期。皆さんはおうち時間をどのように過ごされていますか?家でじっとしている時間が長いと、代わり映えのない毎日を退屈に感じてしまうことも...。

今回はそんなときにおすすめしたい、写真と一緒に記録する写真日記についてご紹介します。


小さな喜びを写真で残す写真日記

0513_01_02.jpg

写真日記とは、その名の通り、その日の出来事や思ったことを、写真と一緒にノートに綴るものです。今回はその写真日記の作り方をご紹介していきます!

はじめ方は簡単!まずは、1日の終わりにその日の出来事を思い返してみます。おいしかったお菓子、おもしろかった映画、かわいかったペットなど、気持ちがちょっとでも動いた瞬間はありませんか?

その中でも、特に印象に残っている出来事を表す写真をプリントします。プリントするときは、スマホに入っている写真をその場でプリントすることができる「instax mini Link」が便利!撮った写真を後から選んでプリントできるため、失敗もなく、とってもおすすめです。

写真をプリントしたら、その写真をノートに貼り、その日の出来事や思いを綴るだけ!簡単にはじめられそうですよね。


写真日記を楽しむ文房具をご紹介!

0513_01_04.jpg

写真日記をはじめる際に準備したいのが手帳や筆記用具。いろんな種類がある文房具...どれを選んだら良いかわからない。そんな方のために今回は、写真日記を楽しむためのグッズをご紹介します。自分にあった手帳やペンを見つけて、写真日記を楽しんでみましょう。

自分の日記スタイルに合う手帳の探し方

0513_01_05.jpg観た映画の写真と感想を添えて「映画鑑賞日記」にしてみました。

観た作品が一目瞭然になるのもコレクションする楽しみ。

無地の手帳は自由にレイアウトできる特徴があり、大きく文字や絵を描きたい方には無地の手帳がおすすめ。

対して、罫線(方眼)の入っている手帳は、線に沿って文章や写真を配置することで、レイアウトが整理しやすい特徴があります。整理整頓された綺麗なレイアウトが好きな方にはこちらが書きやすいでしょう。

ペンの太さでかけるものが変わる!

0513_01_06.jpg

日記を書くにあたって欠かせないのが、描きやすいペンです。太いペンは、大胆な印象をプラスしてくれるので見出しなどにぴったり。細いペンは、その時の気持ちを詳細に綴ることができます。

手帳の特徴と合わせると、罫線のある手帳と細いペンは相性が良さそうですね。


写真日記をはじめるメリット

0513_01_07.jpg

世の中にはいろいろな情報が溢れかえっており、それによって一喜一憂することもしばしば。そんな日常の中で日記をつけると、客観的に自分の感情と向き合うことができ、心の整理になります。自分の感情に気づくことで、今後の生活にちょっと余裕が生まれるはず。

写真と一言だけでもOK 長続きしやすい

「日記をはじめるぞ!」と意気込む必要はありません。写真とその日感じたこと一言だけでもOKです。自由に綴ってみることから始めてみましょう。写真があることで、そのときの気持ちや思い出が蘇りやすいので、あとから日記を見返すのがとても楽しくなりますよ。


写真日記で、心の整理と日々に喜びを。0513_01_08.jpg

写真日記のテーマは自由です。料理好きな方や食べることが好きな方は、おいしかったお菓子や料理をまとめた「食べたもの記録」。おもしろかった映画や本をあらすじや感想と一緒にまとめて「カルチャー日記」にしておけば、観た作品をコレクションできます。あなただけの秘密の日記にしてもよし、友達とシェアしてもよし。おうちでの時間が多い今だからこそ、1日の出来事を綴って、小さな変化に喜びを感じましょう。

Photo& Styling by 菅野有希子
Writing by 斉藤菜々子

instax mini Link
スマホに入っている撮影データをプリントできる「instax mini Link」。小さなサイズなのでノートに貼るのにピッタリです。
この記事をシェアする

New
最新の記事