忘れたくない思い出を、手元に残してみませんか。レイアウトの決まったアルバムもいいけれど、世界に1つだけの「雑誌」はいかがでしょう。

雑誌を作ることなんてできるの?そんな心配は必要ありません。「PhotoZINE(フォトジン)」なら自分で撮った写真を使ってオリジナルの写真雑誌が作れるんです。

今回は「PhotoZINE」を使って、ハンドメイドの本・雑誌を作る方法をご紹介します。


ZINEって知ってる?

ZINE(ジン)とは、文章や写真、絵を自分で印刷して綴じた小冊子のこと。語源である「magazine」のとおり、個人で制作する雑誌です。

「手作り冊子」と聞くと、なんだか難しそうだし、面倒な予感がしますよね。でも「PhotoZINE」なら大丈夫!好きなように写真と文字を組み合わせて、ネットやお店から手軽に注文できちゃいます。写真の配置や組み合わせも自動レイアウト機能を使えば写真を選ぶだけでOK。細部までこだわりたいなら、レイアウトを自分で編集することもできますよ。

18_08_04_02.jpg

写真を撮ってもデータばかりがたくさん残っている今、とっておきの写真をまとめてPhotoZINEにしてみたら、データよりも見返したくなること間違いなし。

旅の思い出はもちろんのこと、何気ない日常の写真をまとめるのも◎。コメントも入れられるので、日記とアルバムのいいとこどりができちゃいます。

18_08_04_03.jpg

写真は左からPhotoZINE「MAGAZINE」A5サイズ、A4サイズ、「SLIM」Slim A4サイズ

「PhotoZINE」には「BOOK」「MAGAZINE」「SLIM」のタイプがあり、それぞれ複数のサイズから選べます。ページ数や写真の枚数の設定も自由自在!手軽に作れて、こだわりたいところにはとことんこだわれます。シンプルなデザインだからアレンジを加えやすいのもうれしいポイント。

  • PhotoZINE MAGAZINE

ホチキス製本タイプ。お店で注文すれば即日仕上げも可能です。手軽に高いクオリティを実現したい人にぴったり。

  • PhotoZINE SLIM

18_08_04_04.jpg

PhotoZINE「SLIM」

スマートフォンのカメラロールをそのままアルバムにするように、たくさんの写真をまとめられるのがこのタイプ。まるでSNSのフィードのように、たくさんの写真を使って自分の世界観を表現できます。こちらもお店で即日仕上げが可能です。

さらにこだわりたい!という方は縦書きの文字入れも楽しめる「BOOK」タイプ(ネット受付専用)もおすすめです。「PhotoZINE」のサイトには、実際に作られたPhotoZINE BOOKタイプがたくさん投稿されている「PhotoZINE GALLERY」があります。どんなZINEを作るかイメージしたいときは参考にしてみましょう♪


PhotoZINEってどうやって作るの?

「PhotoZINE」はインターネットで作れる他、全国のPhotoZINE取扱店でも注文することができます。今回は明治神宮前(原宿)駅からすぐの「FUJIFILM WONDER PHOTO SHOP」に行ってみました。

18_08_04_05.jpg

事前に紙の質感を確認したかったりサイズ選びに迷ったら、お店に足を運んでみるのがおすすめ。見本を手に取ってじっくり検討し、お店のスタッフに相談できちゃいます。

それでは、実際に「PhotoZINE」を作っていきましょう!

1. タイプを選ぶ

店頭で注文するPhotoZINEは「MAGAZINE」「SLIM」の2種類から、好みのタイプを選択します。(BOOKタイプはネット限定のサービスです。)今回はお手頃な値段で旅先の思い出を厳選できる「MAGAZINE」タイプの、ページ数が1番少ない12ページを選びました。600円(税別)から作れる「MAGAZINE」なら、旅行の度に1冊ずつ増やしていくのも楽しそう。

2. 写真を選ぶ

画像の比率は縦長、横長、スクエア、どの形でもOK!「どれにしよう、あれにしようかな...」と楽しく振り返りながら写真を選ぶのも、思い出を形にする醍醐味ですね。

ここで選んだ写真を「やっぱり使わない...」と、後からPhotoZINEに入れないことも可能です。

18_08_04_06.jpg

3. レイアウトを決める

とにかく簡単に作りたいなら、選んだ写真を全て自動ではめ込んでくれる「自動レイアウト」機能を使ってみましょう。こだわってみたければ、1ページずつ自分でレイアウトを選ぶこともできます。

初めて作るなら、最初に自動レイアウトを選んで、後から微調整するのが◎。自動レイアウト後に1ページずつ調整できるので安心です。表紙と裏表紙の編集もお忘れなく。

18_08_04_07.jpg

4. タイトルやコメントを入れる

ページの好きな場所に文字を入れることができます。このコメント機能を使って、写真にタイトルを付けたり日記のように書き込みを入れたりしても◎。フォントや文字色、大きさを自由に選べます。日付や場所、旅先のエピソードを添えれば、写真を撮った瞬間をより鮮やかに思い出せること間違いなし。

18_08_04_08.jpg

5. 確認して注文!

最後に仕上がりのイメージを確認したら、いざ注文!あとは完成を待つのみです。

18_08_04_09.jpg

6. 完成!

お店で注文すると、1冊およそ30分で完成品を受け取ることができました。自宅からネットで注文する場合は1週間程度で手元に届きます。

18_08_04_010.jpg

「FUJIFILM WONDER PHOTO SHOP」の2階では、完成品をその場でデコレーションできます。ここでオリジナルな1冊を仕上げるのもおすすめです!

18_08_04_011.jpg

18_08_04_012.jpg

自分だけのとっておきのZINEは、いつでも手にとれる場所に置いておきたい。だから表紙には特にお気に入りの1枚を選んで、本棚やチェストに飾ってみましょう。自分の「好き」を詰め込むために、一緒に過ごした大切な人へのプレゼントとして贈るために、今年の夏休みの思い出を「PhotoZINE」で残してみませんか?

★取扱店舗一覧はこちら

Photo by 小松崎拓郎

Writing by 笹沼杏佳

Editing by 菊池百合子

PhotoZINE(フォトジン)
写真や言葉を“ZINE(=ハンドメイドの本・雑誌)”にできるサービス。写真を選んだり、コメントを追加したり…作る過程でどんどん愛着が増すのも魅力のひとつです。アルバム代わりとして思い出を残すことはもちろん、日常の記録や趣味の作品集、ウェディングブックの作成など、使い方は様々。ネットやPhotoZINE取扱店から手軽に注文できます。
この記事をシェアする

New
最新の記事