年末が近づいて、カレンダーを新調する季節になりました。2021年は少しこだわってオリジナルのカレンダーを作ってみませんか?フォトカレンダー『COYOMI』なら、思い出の写真で飾られたかわいいカレンダーを簡単に作ることができるんです。

簡単レイアウトで、インスタグラムの写真をカレンダーに!

日常的に撮影しているインスタグラム用の写真、どう保管していますか?お気に入りの写真はデータ保存だけでなく、カタチにして手元に残しておきたいもの。そこでおすすめなのが、フォトカレンダー『COYOMI』です。

2020年10月に新しく登場した壁掛けタイプのレイアウトは、まるでインスタグラムそのもの。インスタグラムと同じ縦横比で9枚の写真をレイアウトできるので、完成した時のイメージもしやすいですね。

2010_02_02.jpg

こちらは食べ物をテーマに作成したカレンダー。その月々で印象に残ったおいしい食べ物の写真をカレンダーにしてアーカイブ!表紙では、それらの写真をインスタラムのフィードのように新レイアウトでまとめてみました。こんな風にテーマを決めて、1年の思い出を振り返ってみるのも楽しいですよね。

デザインがシンプルなので、写真の空気感をそのままカレンダーに収めることができます。カレンダーとしての役目が終わっても、写真エリアを切り取って壁に飾って楽しむのもおすすめ。写真として長く楽しめる。それも『COYOMI』の魅力なんです。

オーダー方法はとっても簡単。専用の注文ページから、カレンダーのタイプとサイズ を選んだら、あとはお好みの写真をセレクトしてレイアウトするだけ。詳しいオーダー方法はコチラを参考に。

気軽に置ける「卓上タイプ」もおすすめ

2010_02_03jpg.jpg

「卓上リングタイプ」は玄関やデスク、棚の上などいろんな場所に気軽に置くことができます。 10月から新しく加わった、写真を全面にレイアウトできるテンプレートを使えば、横長A5サイズの全面に写真をレイアウトできて、インパクト大! またリングタイプは、高画質な写真プリントで写真がとてもきれいに映えるので、フォトパネルのように飾れます。

2010_02_04.jpg

風景などドラマティックで繊細な写真は、玄関に飾ってお客様をお出迎えするのにぴったり。置くだけで空間がパッと華やかになりますね。

2010_02_05.jpg

シートタイプはメモ書きができるタイプで、よりコンパクトで飾りやすいのが特徴。クリアなケースに入っているので安定感があり、保管にも便利です。ケースのまま飾るのもよし、ケースから取り出してガーランドに取り付けるのもよし...、いろんな楽しみ方ができます。

2010_02_06.jpg

今回は「スタイリッシュ」というデザインテンプレートを使用してみました。画面いっぱいに写真が配置され、シンプルなデザインなので、おうちのインテリアや仕事のデスクなど、どんな雰囲気の場所にもなじみやすいデザインです。

また、お花や植物をテーマにまとめてみると、グリーン代わりにデスクを彩ってくれる素敵なカレンダーになりました。ぜひ皆さんも参考にしてみてくださいね。

大切な"日常"をカレンダーに

2010_02_07.jpg

フォトカレンダー『COYOMI』は、オーダーから10〜14日前後で仕上がるので、思い立ったらすぐに作れるのもうれしいポイント。写真店で注文すれば即日受け取りも可能。

また専用のラッピング袋も付いてくるのでギフトにもおすすめです。1年を通して"ふだんの暮らし"を切り取ってきたインスタグラムの写真など、ぜひフォトカレンダーにして残してみませんか?

Photo:Warach Pattayanan

Writing:小野喜子

フォトカレンダー / COYOMI
写真を使ったオリジナルのカレンダーが作れるフォトカレンダー『COYOMI』。場所をとらず、いつでも見えるところに置いておける卓上タイプ、大きくて見やすく、家族みんなの予定管理にも便利な壁掛けタイプがあります。サイズやデザインも豊富なので、お好みに合わせて作ってみてください。
この記事をシェアする

New
最新の記事