コロナ禍で⾃宅で過ごす時間が増えているなか、おうちの中でも新鮮な気持ちで毎日を気持ちよく過ごしたいですよね。

お部屋に写真を飾ることで、優しい気持ちになれたり、昔を懐かしんで会話が弾んだり...いつもの暮らしにちょっとだけ彩りが加わります。そんな写真の魅力をもっとたくさんの人に知ってもらえたら。

そこで「写真と、ちょっといい暮らし。」では、「#お部屋に飾りたい1枚」をテーマにしたフォトコンテストを企画しました!

旅先で撮った思い出の風景や、四季を感じる写真。家族や恋人、ペットなど大切な存在との日常写真など、何でもOK!皆さんのとっておきの1枚をぜひ投稿してください。

参加方法は、Instagramにハッシュダグ「#お部屋に飾りたい1枚」をつけて、あなたがお部屋に飾りたいと思うお気に入りの写真を投稿。(過去投稿写真へのタグ付でもOK!)「写真と、ちょっといい暮らし。」のインスタグラムアカウント(@fujifilmjp_walldecor)をフォローすれば、完了です。

素敵な写真を投稿してくれた方には嬉しい特典も

今回のフォトコンテストには、日々SNSで素敵な写真を発信している人気クリエイター4名に審査員として参加していただきます。

審査員によって選ばれた素敵な写真作品には、富士フイルムの 写真パネル加工サービスWALL DECOR(ウォールデコ )を体験いただく特典をプレゼント。記事の最後に特典内容を記載していますので、最後までぜひお読みくださいね。

審査員の皆さんにも「#お部屋に飾りたい1枚」をWALL DECORにして実際にお部屋に飾っていただきました。それぞれの作品や、写真を撮影する時に大切にしていることなどもお聞きしました。

【makiさん】お部屋に飾る写真は大切な記憶、そのもの

2104_01_02.jpg

makiさん(@mk11929

日常風景を切り取り、素敵な暮らしぶりやインテリアの楽しさをInstagramで発信しているmakiさん(@mk11929)。家族と過ごす日々の愛おしさが写真から伝わってきます。

「何気ない日常風景を撮るのが好き」と話すmakiさんに、写真を撮る時に意識していることを伺いました。

「今は特別なおでかけがなかなかできませんが、何気ない毎日はいつも違っていて、写真はその時の空気や香り、音楽まで一緒に記録してくれているような気がします。構図や光の入り方など、テクニックも大切ですが『その瞬間をどう残したいか』を、私は大切にしています」(makiさん)


2104_01_03.jpg

「今回WALL DECORにしたのは、大好きな娘の写真。娘が生まれて初めての春。笑顔も大好きですが、生後3ヶ月を過ぎてむちむちしてきた素足がかわいくって愛おしくて。これからも毎日違う娘の"今"を、いろんな角度で写真に残していきたいです」(makiさん)

選んだ種類は、シンプルでどんなインテリアにも馴染みやすい「カジュアル」タイプのA4サイズ。娘さんの絵本やおもちゃを置いている場所に飾ってくれました。「家にある家具や雑貨もカジュアルなものが多く、実際に飾るとすごく部屋に馴染んで感動しました。いつも過ごしているダイニングテーブルから眺められるのも嬉しいです」とのこと。

2104_01_04.jpg

「私にとって写真は、いつもそばにあるものであり、撮ることも日常です。撮ること=忘れたくない何か。があるように感じます。お部屋に飾る写真は大切な記憶、そのものです。日常の中でも特別なものを自然と選んでいるような。飾られたひとつひとつの写真は、その時のことを鮮明に思い出させてくれます。今回は審査員として、皆さんのとっておきの1枚を見せていただくのがとても楽しみです!」(makiさん)

【高木慎平さん】部屋に花を飾るような感覚で写真を飾る

2104_01_05.jpg

高木慎平さん(@shimpei65

2人目の審査員は、雑誌や広告などを中心に活躍する人気クリエイターの高木慎平さん(@shimpei65)。写真を撮る時は、日常と非日常の境目にあるような瞬間を残すことを意識しているのだそう。

2104_01_06.jpg

お部屋に飾りたい写真として選んでいただいたのは、目にも鮮やかなこちらの写真。撮影で花を使うだけでなく、実際に部屋に花を飾ることも多いという高木さん。花があることで部屋が明るくなったり、季節を感じられるのが好きなのだとか。

部屋に花を飾る感覚で、この写真を選びました。写真に写っているのは僕の大好きなブーゲンビリアという花です」(高木さん)

2104_01_07.jpg

WALL DECOR(ウォールデコ )の種類は「ギャラリー」タイプ、A4サイズをセレクト。マット面種を使うことで写真が"作品"として存在感を増しています。縁のテープに黒をチョイスしたことで、よりスタイリッシュな雰囲気に仕上がりました。

「パソコンやスマホの中で眠っている写真も、飾ることで生き返るような気がします。これはきっと飾った人だけが感じることができるので、言葉だけではなかなか伝わらない気もしますが、だからこそぜひ1人でも多くの人に感じていただきたいなと思います。部屋に飾った写真は毎日どこかで目にとまり、そのたびに撮影した当時のことを思い出す。その時間が心の癒しにもなるんですよね」(高木さん)

最後に、部屋に飾る写真の選び方についてアドバイスを伺うと、「家具や家電を選ぶ感覚で、部屋を彩ってくれる写真を選ぶと楽しいですよ!」と教えてくれました。

【関連記事】

【古性のちさん】とびきり好きな写真と生活することは最高の幸せ

2104_01_08.jpg

古性のちさん(@nocci_trip

旅先で出会った風景を、儚くも美しく映し出す写真家の古性のちさん(@nocci_trip)。写真との向き合い方や、撮影で大切にしていることについてコメントをいただきました。

「私は特別な風景やモノより、普段から身の周りに当たり前にあるものに対してシャッターを切りたくなります。キッチンに並ぶ棚の瓶や、道に咲く花、お気に入りの喫茶店の珈琲にも"一番素敵に見えるポイント"を探して、写真におさめる過程が好きなんです」(古性さん)

2104_01_09.jpg

「部屋に飾るということは、毎日目が合うということ」と話す古性さん。今回は、特別好きな写真を!ということで、古性さんにとって第2の故郷ともいうべき大切な土地、雨が降る朝の瀬戸内海の写真を選んでくれました。

2104_01_10.jpg

「普段から部屋に絵や写真を飾っているのですが、椅子や机を変えるより、壁の写真を変えるほうが空気感がガラリと変わるんですね。面白いです。今回は「ミュージアム」タイプのA3サイズを選びましたが、写真が壁から浮いたように飾れるので、落ちる影までおしゃれに見えて。思わず『私の写真って素敵だな〜!』なんて自画自賛したくなりました(笑)」(古性さん)

とびきり好きな写真と一緒に生活をする。「それは、最高に人生の幸せ度を上げる行為だと思う」と古性さんはいいます。

【関連記事】

【s.k.b.b.m.さん】写真を飾ることで、猫たちをもっと愛おしく感じられます

2104_01_11.jpg

s.k.b.b.mさん(@rollo_shoegazer

最後の審査員は、2匹の猫、くるり&もっぷとの日常写真が人気のs.k.b.b.m.さん(@rollo_shoegazer)。猫たちの写真からは愛おしさが溢れていて、眺めているだけでほっこりと温かい気持ちにさせてくれます。

写真におさめるのが難しいペットの写真を撮るうえで、意識していることを聞くと、猫たちはあまり写真を撮られることが好きじゃないので、写真を撮る時はしつこくならないよう手早く、少ない枚数で一瞬の表情を捉えるようにしています」と教えてくれました。

2104_01_12.jpg

「左の写真は、4年前にそれまで住んでいた家を引っ越す前日に撮った1枚。子猫の頃からこの縁側が大好きだったくるり。私もここでくるりが寛いでいるのを眺めるのが好きでした。引っ越したのちにこの家は取り壊されてしまったけれど、私たちの思い出が詰まっている1枚です。その写真を今の家にも飾りたいと思いました。

右の写真はもっぷ。この子はあまり写真を撮られることが好きではなく、カメラを向けると普段通りの表情をしてくれなかったり、なかなか顔のアップが撮れなくて。この写真は外から聞こえた物音にびっくりして、潜っていた毛布から顔を出した瞬間をたまたま捉えることができたお気に入りの写真です」(s.k.b.b.m.さん)

2104_01_13.jpg

WALL DECORは「カジュアル」タイプのスクエアminiサイズ、プリントはラスター面種をチョイス。コンパクトなサイズ感で、お部屋の雰囲気にもマッチしています。小さなサイズのものを何枚も組み合わせて飾るのも、アクセントになって素敵ですね。

スクエアだと縦・横・斜めなど自由に組み合わせても煩雑にならずに楽しめるのが魅力。カジュアルはとても軽量なので、マスキングテープ+両面テープで簡単に壁につけることができ、賃貸のお部屋にもおすすめです。

「大切な思い出を部屋に飾ってみたら、なんだか気持ちが豊かになったような気がします。そしてより一層、猫たちを愛おしく思うようになりました。写真は一瞬を写したものだけど、そこから繋がるストーリーが浮かぶような、そんな写真が好きです。皆さんにとってのとびきり愛おしい写真を楽しみにしています」(s.k.b.b.m.さん)

今すぐ参加OK! あなたのお気に入りの写真を投稿しよう

「写真を飾る」と聞くと、ちょっぴりハードルが高いように感じるかもしれません。だけど花を生けるように気軽に、小さな写真たった1枚だっていいんです。それだけでもいつも眺めている部屋がパッと明るく、違った雰囲気に変わるはず。

そして、フォトパネルにした時の仕上がりと感動も味わっていただけたら。写真を飾る楽しさをもっと感じてもらえると思います。

今回のフォトコンテストは、優秀作品に選ばれた方にWALL DECORを無料で作れる特典をご用意しました。この機会にぜひ体験してみてください!

「あなたの部屋に飾りたいのはどんな写真?」

今、何を思い浮かべましたか?美しい風景や花々の写真。大切な家族の記念写真、愛するペットを初めて家に迎えたときの写真...etc. どんな写真でもOKです。

皆さんの素敵な写真をお待ちしています!

【コンテスト概要】

  • 期間

2021年 4月 28日(水)10:00 〜 2021年6月30日(水)17:00 まで

  • 参加方法

1. 「写真と、ちょっといい暮らし。」のInstagramアカウント(@fujifilmjp_walldecor)をフォロー

2. お気に入りの写真を、ハッシュダグ「#お部屋に飾りたい1枚」をつけてInstagramに投稿すれば参加完了!

※ 過去に投稿した写真にハッシュタグをつけてもO K!ぜひ気軽にご参加ください。

※ 期間中は何枚でも投稿いただけます。

【注意】

以下の項目に当てはまる場合は、選考の対象外となりますのでご注意ください。

・画像がない場合

・投稿の際に指定のハッシュタグがついていない場合

・Instagramアカウントを非公開設定にしている場合

・他アカウントの投稿に対するリポストのみの場合

  • 特典内容

優秀賞(5名)・・・お好きなWALL DECORプリントサービス無料

準優秀賞(10名)・・・5,000円OFFクーポン

いい暮らし賞(30名)・・・・・2,000円OFFクーポン

※ミュージアムメタルのみ対象外となります。

また優秀作品に選ばれた写真は、期間終了後に本サイト内でご紹介させていただきます。

  • 審査員

・makiさん

・高木慎平さん

・個性のち

・s.k.b.b.mさん

・富⼠フイルム「写真と、ちょっといい暮らし。」編集部

  • 当選・賞品の発送について

ご応募いただいた方の中から厳正なる選考のうえ、優秀作品を決定いたします。優秀作品に選ばれた方には「写真と、ちょっといい暮らし。」公式アカウント(@fujifilmjp_walldecor)よりDM(ダイレクトメッセージ)にて後日ご連絡いたします。その際にフォローを外されていたり、ユーザーアカウントが削除されている場合は当選対象外となりますのでご注意ください。

<当選にあたっての注意点>

・当選者へは8月ごろから順次ご連絡いたします。

・当選結果のDM連絡から7日以内にご返信いただけない場合は、当選無効となります。

・当選の権利はご本人のもので、第三者に譲渡・換金はできません。本規約に反する行為が発覚し、その当選が無効及び取り消しとなった場合、当選者は何ら不服を申し立てる事が出来ないこととします。

・当選が無効および取り消しとなった場合、当社はその権利を他の応募者に当てさせていただきます。

・応募完了の確認、当選・落選についてのご質問やお問い合せにはお答えできませんので、ご了承ください。

  • 免責事項:投稿について

応募するにあたって、投稿者に万が一何らかの損害が生じた場合においても、当サイトは一切責任を負いません。投稿に際して、第三者からの苦情や異議申し立てに関し、当サイトは当該紛争には一切関知せず、投稿者が責任を持って解決するものとします。

当社は、本コンテストにおけるサービスの一部又は全てを事前に通知することなく変更・中止・終了することができるものとします。なお、変更・中断あるいは中止または終了により生じた損害については、当社は一切責任を負いません。

  • 個人情報の取扱について

個人情報は当選商品受け渡しのためだけに使用し、その他の目的では使用致しません。

  • その他

コンテスト終了期間は、予告なく変更となる可能性があります。
本コンテストはInstagramが後援、支持、または運営するものではございません。
Instagramをご利用の際は、本利用規約の他、Instagramの規約を遵守してください。
Instagramが提供するサービスのメンテナンス等により、ログインや投稿ができず、本キャンペーンへの応募が行えない場合について、当社は責任を負いかねます。

WALL DECOR(ウォールデコ)
お気に入りの写真をパネル加工できるサービス。お部屋の広さやシーンに合わせて写真の大きさやパネルのタイプを選べます。お気に入りの写真を選べば、額装されて届くのであとは飾るだけ。簡単にお部屋の印象を変えることができますよ。
この記事をシェアする

New
最新の記事