家族でごはんを食べたり、仕事から帰ってきてくつろいだり。お家は自分にとっていちばん居心地のよい空間にしたいもの。家具や雑貨、食器など、インテリアにこだわっている人も多いですよね。

でも、賃貸に住んでいると「壁」を使ったインテリアには躊躇しがち。「穴を開けられないし、傷を付けてしまったら困るし...」などと気を使うことが多く、「壁だけがまっさらで、ちょっと寂しいな」なんて悩んだこと、ありませんか?

そこで今回は、壁を傷つけることなく飾れる便利なアイテムを4つご紹介します!

立てかけるだけで簡単!有孔ボード

1902_02_02.jpg

板に穴があいた有孔ボードをデスクや棚の上に立てかけて置くだけ。フックやペグなどと組み合わせることで、さまざまなアイテムを掛けられるインテリアに。立てかけるだけなので手軽です。よく使う文具や小物の収納としても、かなり実用的。

1902_02_03.jpg

有孔ボード専用のフックはホームセンターなどで購入できますが、手元にない場合は、短くカットした割りばしや、雑貨屋さんなどで購入できる取っ手パーツを差し込むこともできますよ。

気分に合わせて貼り替えOKのマスキングテープ

壁を傷つけないテープとして、もうおなじみのマスキングテープを貼れば、壁を傷つけることなくアレンジできます。壁をデコレーションする用の幅が広いタイプのmt CASAがおすすめ。好きな色、柄、太さのテープでお部屋を彩ってみてください。

1902_02_05.jpg

テープを2本直線に貼っただけですが、海外のインテリアのように!カラフルなマスキングテープがシンプルな壁のアクセントになって、お部屋のオリジナリティがぐんと高まります。

1902_02_06.jpg

ちなみに、幅の広いマスキングテープは、よれてしまうことがあるので、軍手やタオルを使ってテープを押さえていくと、シワなくきれいに貼ることができますよ。

突っ張り棚で壁ぎわの収納力アップ!

壁にラックや飾り棚を付けたいときは、木材と組み合わせて突っ張り棚をDIYできる「LABRICO(ラブリコ)」が便利です。

1902_02_08.jpg

床と天井に突っ張らせて棚を設置すれば、壁ぎわのスペースをおしゃれに有効活用できます。木材とパーツのカラー、棚の段数や棚の幅なども自由自在です。自分のお部屋にぴったりの棚を作ることができますよ。木材とのセット販売もされているので便利です。

より気軽に壁を彩るなら写真を飾ろう

1902_02_09.jpg

WALL DECOR(ウォールデコ)/カジュアル スクエアmini

とにかく手軽にお部屋の印象を変えたい場合は、写真を飾ってみてはいかがでしょう。自分で撮った写真をWALL DECOR(ウォールデコ)でパネルにすれば、それだけでしっかりとしたインテリアに!

WALL DECOR(ウォールデコ)のカジュアルタイプは軽いので、壁を傷つけない粘着剤の「ひっつき虫」なども使用可能。壁に穴を開けることなく、写真を飾れます。

1902_02_011.jpg

壁に彩りが増えると、それだけで部屋の雰囲気ががらりと変わります。季節によって写真を変えてみたり、少しずつ枚数を増やしてみたり。さまざまな楽しみ方ができるのもいいですね。

せっかくの自分のお部屋。たとえ賃貸でも、壁のインテリアにまでこだわりたいもの。ちょっと工夫すれば、傷つけることなく壁を飾る方法はたくさんありますよ。ぜひ、写真やアイテムを活用して、さらに居心地の良い空間づくりを目指してみてくださいね

Styling by 菅野有希子

Photo by 土田凌

Writing by 笹沼杏佳

WALL DECOR(ウォールデコ)
お気に入りの写真をパネル加工できるサービス。シンプルでモダンな「カジュアル」、絵画のような質感でイラストの印刷にもぴったりな「キャンバス」、額縁のような余白が高級感を演出してくれる「ギャラリー」、プロフェッショナルな仕上がりの「ミュージアム」といった複数のタイプから、自分の部屋にぴったりの雰囲気のものを選べます。サイズの選択肢も豊富です。インターネットから簡単に注文することができますよ。
この記事をシェアする

New
最新の記事