「部屋に写真などを飾ってみたい!」と思ったとき、悩ましいのが「どうやって貼るか?」というところ。特に賃貸物件だと壁に傷をつける方法は避けたいものですよね。今回は、壁に傷をつけずに写真を飾ることのできる便利グッズを紹介したいと思います。

穴の目立たない画鋲

「写真を壁に貼る」と聞いて、パッと思いつくのは画鋲。とはいえ、画鋲を刺してしまうと、ピン跡が残ってしまうのが厄介なんですよね...。

でも、実はピン跡が目立たないすごい画鋲があるんです。それがこちら。その名も「ニンジャピン」。壁にピン跡を残さぬこと、忍者のごとし!びっくりするほどピン跡が目立たない不思議な画鋲です。

その秘密はピンの断面。V字になっていることで、少し凹凸がある壁紙や薄い色や柄がついた壁であれば、ピン跡はほとんど目立ちません。

chintai_02.jpg

ピン跡が気になって、写真を画鋲で貼るのに抵抗がある方におすすめです。

貼ってはがせる粘着テープ

画鋲に次いで定番といえば、粘着テープでしょうか。粘着テープも粘着力が強すぎると粘着材が壁に残ってしまったり、壁紙をはがしてしまったりしますので、貼って剥がせるタイプのものを選びましょう。

chintai_03.jpg

貼ってはがせる粘着テープにもいろいろありますが、引っ張ってはがすタブ状のもの(写真右)や練り消し状のソフト粘着剤(写真左)が、粘着材を残さずはがせるので便利です。どちらも文具店やホームセンターなどで購入することができます。

chintai_04.jpg

粘着材を写真の4隅に貼って、壁にグッと押し付けるだけでいいので簡単です。

chintai_05.jpg

タブ状の粘着テープをはがすときは、飛び出ている部分を外側に引っ張るときれいに取ることができます。

壁がコンクリートのような硬い材質で、画鋲などが刺せないことがありますが、そういった場合もこのタブタイプ、練り消しタイプが簡単で便利です。

chintai_06.jpgshacolla /チェキSQサイズ

写真を簡単にパネル化できる「shacolla(シャコラ)」もおすすめ。裏面の粘着剤によって壁に傷をつけずに貼ることができます。

chintai_07.jpg

今回はチェキのスクエアサイズを使用しましたが、各種サイズが揃っているので写真サイズに合わせて選んでみてください。

これならすぐできる!マステ+両面テープの便利ワザ

ここまで便利アイテムを紹介してきましたが、入手するのがちょっと面倒...という方には、コンビニで手に入るものでできる便利ワザを。

chintai_08.jpg

必要なのはマスキングテープと両面テープの2つだけ。まず、貼ってはがせるタイプのマスキングテープを貼りたい写真のサイズに貼ります。

chintai_09.jpg

その上から、両面テープを貼り、写真を貼るだけ!壁との接着面はマスキングテープなので、はがしてもあとを残さず、壁に傷をつける心配がありません。少し重さのあるような額装した写真を貼るときは、両面テープを強力なものにすればOKです。

100円均一のアイテムで壁に傷をつけずに写真を飾ろう

最後に紹介するのは100円均一で手に入るワイヤーネットを使ったアイデアです。

chintai_010.jpg

ワイヤーネットを壁に立てかけて、そこに写真を吊るしたり、ぶら下げたりするアイデアです。壁にネットを立てかけているだけなので、壁へのダメージはもちろんゼロ!

今回は木のクリップで留めてみましたが、額装した写真ならフックで引っ掛けるのがよいでしょう。

chintai_011.jpg

ワイヤーネットは、サイズや形がいろいろあるのでスペースに合わせてチョイスしてみてください。写真に直接粘着材をつけたり、穴をあけたりしないので、写真を傷つけたくないという方にも◎。

アイデア次第で壁に傷をつけずに写真を飾る方法はいろいろ♪賃貸だから壁に飾るのが難しい...と思っている方も、ぜひ試してみてくださいね。

Photo by 渡辺和

Writing by 花沢亜衣

shacolla /チェキSQサイズ
「shacolla(シャコラ)」の、チェキSQサイズを使用しました。両面に粘着材がついているので、画鋲もテープも使わず写真を貼ることができます。壁を傷つけずに貼れるのでとっても便利。気分に合わせてレイアウトを替えて楽しめます。
この記事をシェアする

New
最新の記事