心がときめいた瞬間を切り取るInstagram。そこで使われている真四角の写真は、スマホで見るだけでなくプリントしてもかわいいんです。Instagramにアップしたお気に入りの写真をプリントして飾ってみませんか?

初級編:スマホで撮った写真を気軽にプリント

1806_02_02.jpg

お気に入りの3枚をピックアップし、並べて貼ってみました。梅雨の合間にめずらしく晴れてうれしかった青空、旅先で出会った居心地の良いカフェ、友だちと見に行った満開のアジサイ......。どんよりしがちな梅雨でも気持ちが明るくなりそうな写真を並べてみました。

並べるだけでスタイリッシュに仕上がるのが、スクエアプリントの魔法。メインの被写体を真ん中に置いたり、あえてずらしてみたり、見切れていたりしてもOK。スクエアにすることで、よりその写真で写したかったものに目が行きやすく、わかりやすくなります。構図が決まりやすいので、構図に悩んでしまいがちな人は「とりあえずスクエア」にするだけでセンスアップが叶うはず。

中級編:お気に入りのジャンルに絞ってみる

1806_02_03.jpg
Instagramで統一感を意識するのと同じように、被写体のジャンルを絞って「統一感」を意識すると、さらにこなれた印象に。カフェ巡りが好きなら、おいしいコーヒーやケーキを入れたワンシーン。旅が好きなら、旅先で撮った風景...など、「何を飾ろうか?何枚飾ろうか?」と楽しみながら写真を選んでみてくださいね。

今回はお花の写真を選んでみました。色や場所、季節感にこだわらなくても、テーマを決めるだけでまとまっている印象に。「この夏はヒマワリを見に行って、隣に飾りたいな」と枚数を増やしていく楽しみも味わえます。


上級編:色合いで「統一感」を意識して

1806_02_04.jpg

写真がたくさんあるときもスクエア写真ならこんなにすっきり!

色で「統一感」を出すのもおすすめのテクニックです。今回は、カスミソウのブーケを中心に、ピンク系の色が入っている写真をタイルのように9枚並べてみました。ポイントカラーを統一するなら、印象が強くなりすぎないようにバランスをとるのがコツ。今回は、ピンクの割合が多い写真と少ない写真を交互に並べてみました。

暖色系か寒色系のどちらかで揃えたり、赤、青、黄色、オレンジ...とポイントカラーを絞ったり、どこか一部にルールを設けると「統一感」が出ますよ。また、異なるカラーの写真も同じフィルターで加工するだけで、まとまりある写真に。

9枚並ぶとまるでリアルInstagram。インテリアのアクセントになって、お部屋の印象が変わります。Instagramにアップした写真の中で特にお気に入りのもので、作ってみるのもいいですね。

撮った写真をスクエアプリントするには?

Instagram用にスクエアで撮影した写真は、そのままプリントするだけでOK。もともとスクエアではない写真を加工するときは、一番写したいものが映るように切り取ります。このときにあえて被写体を中心から少しずらしてトリミングをすると、かっこよく見えるんです◎。気になったら「トリミングで変わる!普通の写真をアートに変えるコツ」を参考にしてみてください。

1806_02_05.jpg
プリントしたことがなくても、FUJIFILMプリント&ギフトを使えば簡単です。スマホで撮った写真もWebから注文すれば、あとは家に届くのを待つだけ。
印象を変えてみたかったら、マットな質感で印刷したり白フチ加工をしたりと、プリントにこだわってみましょう。加工のポイントは「質感で印象が変わる!マット×白ふちで写真プリントをもっと楽しむ」をチェック!

写真をスクエアでプリントして飾るだけで、お部屋の壁がリアルInstagramに!思い出をかわいく彩って、楽しい毎日を過ごしましょう♪

Photo by 小松崎拓郎
Styling by 西村有
Writing by ツチヤトモイ
Editing by 菊池百合子

WALL DECOR(ウォールデコ)
初級編と中級編で使用したのは、「WALL DECOR(ウォールデコ)」のスクエアmini(172mm×172mm)。どんな被写体にも合わせやすくて気軽に使えるカジュアルタイプを選びました。軽くてシンプル、お部屋になじみやすいのがポイントです。
Shacolla(シャコラ)
上級編で使用したのは、「Shacolla(シャコラ)」のましかくサイズ(89mm×89mm)。画鋲もテープも使わないフォトパネルなので、貼り替えが簡単。気分に合わせて配置を変えられます。小さいサイズだから、写真をたくさん並べても圧迫感がないのがポイントです。
この記事をシェアする

New
最新の記事